前へ
次へ

インナードライでのスキンケアなどのポイント

乾燥肌において、高い湿度であることから夏は心配ないと考える人もいるのではないかと思われますが、これは誤った考えです。夏の場合、汗ばむことから湿り気を感じると考えられますが、これは肌の表面のみのことであって内部の方は乾いている状態にあります。内部における乾燥状態のことをインナードライと言い、夏であっても対策を講じることが必要だと考えられます。その改善において、スキンケアなどのポイントは複数ありますが、ぬるま湯あるいは水で顔を洗うこともそれに当てはまります。高い温度のお湯で洗顔すると余計に皮脂を洗い流すことになり、内部における潤いも奪ってしまいます。そうならないようにするために、顔を洗う際はぬるま湯または水にするよう心掛けます。敏感肌や乾燥肌に向いているとされる洗顔料を選択することもそのポイントとして挙げられています。他にも存在しますが、インナードライの対策のために、スキンケアなどをするのであれば考えて行うことが大切だと思われます。

Page Top