前へ
次へ

スキンケアと日光浴との関係を知る

ヨーロッパにおいては夏に日光浴をたっぷり行うとの話があります。ヨーロッパは日本に比べて日照時間が少ない地域が多く、なかなか日光を浴びる機会が少ないようです。日光浴は体を健康に保つために一定時間はした方が良いとされていて、子供などであれば行わせる人もいるでしょう。しかし大人の女性となるとあまり日光浴を積極的にしようと考えないかもしれません。スキンケアのことを考えるとしみやしわの原因になるとされているからです。まずしわやシミの原因になるとされる紫外線は季節や時間によって強さが異なります。ただ量が少ないから全く対策をしなくていいわけではなく、一年を通じてむやみに浴びない方が良いとされています。体のための日光浴に関しては1日15分程度が良いとされ、こちらは顔などでなくても手の甲などを浴びる程度でも良いとされています。昼間にウォーキングをすれば十分必要な日光浴ができるので、スキンケアをしながら健康の維持もできそうです。

Page Top