前へ
次へ

スキンケアに必要なビタミンCについて

日差しや化粧などは、肌の調子を崩す要因となります。そのため、適切なスキンケアを行うことがポイントです。スキンケアにおいて重要な成分として、ビタミンCが挙げられます。ビタミンCが肌に及ぼす効果として、抗酸化作用やメラニン抑制作用が挙げられます。抗酸化作用により、皮脂などが酸化することを防ぐことができ、メラニン生成を抑制することで、シミができにくい肌になります。ただ、ビタミンCは不安定な成分です。光や熱によって、その効果は減少する他、体内に溜めておくことができない成分でもあります。それらの問題点を改善したものとして、ビタミンC誘導体があります。これはビタミンCが持つ欠点を補う成分となっており、肌からの吸収率が高いことが特徴です。ビタミンC誘導体にも水溶性のものと脂溶性のものがあります。化粧水や美容液など液体状のスキンケア商品には水溶性のもの、クリームタイプの商品には脂溶性のものが使われています。

Page Top