前へ
次へ

蒸しタオルによるスキンケアの方法とメリット

肌のくすみや乾燥肌に悩んでいる方には蒸しタオルによる手軽なお手入れがおすすめです。蒸しタオルならお金もかからず、難しくもなく、家庭で誰でも簡単にスキンケアができます。ただ、間違った方法でおこなうとかえって肌の機能が低下してしまうので、適切な方法を覚えておくことが大切です。用意するものはフェイスタオルです。フェイスタオルを濡らして蒸しタオルを作るだけで良いのですが、やけどには注意する必要があります。洗面器などに熱い湯を入れてタオルをひたしてしぼっても蒸しタオルが作れますが、濡らしたタオルをラップに包んで電子レンジで1〜2分加熱し、熱すぎない温度に冷ましたものを用意するのが簡単です。必ず温度を確認してから持ったり顔にあてたりしましょう。実践するのは洗顔直後です。メイクや汚れが付いていると効果が発揮できないので、クレンジングや洗顔をしてから蒸しタオルを当てます。蒸しタオルは呼吸ができるように顔の全体にふわっと乗せます。気持ちよいと思える温かさのタオルを2〜3分乗せると、顔がじんわり温まってとても気持ちがよいですし、気持ちもリラックスできます。冷めやすいので、こまめに電子レンジやお湯で温めなおすと効果的です。終わったら、すみやかに基礎化粧水や乳液、クリームなどで肌を十分に保湿し乾燥を防ぎます。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren1set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

顔に蒸しタオルを当てるスキンケアを行うと、血行が促進されるので顔色が良くなり、くすみを改善する効果が期待できます。また新陳代謝が促進されるので、習慣的に行うと肌の調子も良くなっていきます。また、温めることで毛穴が開き、老廃物や汚れが出やすくなると同時に、上記の水分が毛穴から浸透しやすくなるので、乾燥肌や吹き出物などを改善する効果も期待できるでしょう。目の周りの血行が促進されるので、目の疲れやドライアイの症状をやわらげる効果も期待できそうです。どの季節にもおススメできますが、血行がとどこおりやすい冬にはぜひ試していただきたいスキンケアといえます。

Page Top